特殊な技術を持つ大工|オリジナルの施工法が話題の国分建設|省エネ住宅も建設可能
ウーマン

オリジナルの施工法が話題の国分建設|省エネ住宅も建設可能

特殊な技術を持つ大工

男女

数が少ない点には注意

自宅の建設を宮大工に依頼したいと考えている人が増えています。宮大工は伝統工芸的な装飾を施す作業もあるため、高い専門性が必要になります。継承する人が少ないため、全国を見ても宮大工が所属している工務店の数は少ないという実情があります。一方で神社や仏閣はどの町にも昔から存在しています。修繕が必要な場所に対して宮大工が足りないことから、修繕を依頼してもすぐには対応してくれないケースもあることには注意が必要です。なるべく早く修繕を依頼するか、複数の工務店を把握しておくと良いでしょう。宮大工が所属している工務店を探したい時は、インターネットで検索するとすぐに見つかります。

適切な大工を選ぶ

神社などに建てられている建物は、独自の技術で組み合わされた木材によって作られています。この技術は住宅などを建てる場合に用いられる施工法とは異なり、昔から代々受け継がれてきた特殊なものです。そういう技術を持つ大工のことを宮大工と呼びます。木組みと呼ばれる宮大工が得意とする工法は特殊なため、一般的な工務店では教えてもらうことができません。そのため、専門の宮大工が所属している建築会社や工務店を探して依頼をする必要があるのです。所有する神社などに破損が見られた場合には、普通の工務店よりも宮大工に依頼したほうが適切に修繕してくれます。木材の性質を熟知していないと宮大工は務まりません。修繕依頼は、宮大工がいる工務店を確実に選ぶようにしましょう。