都市型住宅の特徴|オリジナルの施工法が話題の国分建設|省エネ住宅も建設可能
ウーマン

オリジナルの施工法が話題の国分建設|省エネ住宅も建設可能

都市型住宅の特徴

ハウス

土地の値上がりが顕著となる大阪のような都市部では、戸建て住宅を購入するのは難しくなっています。特に注文住宅を建設するケースが減少傾向にある中で、安く購入できる分譲タイプの戸建ては人気があります。その戸建ての分譲住宅にも、大阪では都市型と呼ばれるものが増えています。これは狭い土地を最大限に活用して床面積を極力確保するものです。さらに設計で工夫することで、日当たりの悪い立地条件でも快適に住めるようなデザインにするなど住みやすさを高めています。設備も生活しやすいように、太陽光発電などを設置して光熱費削減などを実現しています。このようにランニングコストをかけずに長く住める戸建て住宅が大阪では増えています。

大阪でも数を増している都市型の戸建て住宅は、3階建てが主流となります。一階には駐車スペースを設けることで駐車場を確保する必要もなくなっています。広い区画を確保して、このような住宅を区分けして販売するケースは都市部で増えていますが、そのデザインにも凝るようになっています。注文住宅で人気を集める天然素材を使った分譲住宅も多く見られるようになっているのです。外観もシンプルモダンのような洗練されたデザインのものが誕生し、満足度を高めています。内装に関しては純和風とすることでくつろげる住空間を提供しています。このようにデザインは洗練されたものにしつつも、内装は昔ながらの日本家屋の良さを取り入れるデザインが人気を集めているわけです。